フレデリック・ロルフ

フレデリック・ロルフ

イギリスの作家(1860-1913)。ロレンスに認められたりするが、近代小説家のご多分に漏れず、窮乏に喘ぐ。

キャロルなんかと同様写真好きで、少年の半裸写真を撮っていたが、キャロルと違うところは、キャロルの写真が今日ある程度芸術として許容されているのに対し、ロルフはただの変態ということで片付けられているところである。